JR南浦和駅 トイレ - 御手洗い倶楽部

JR南浦和駅 トイレ

京浜東北線駅トイレ
スポンサーリンク

概要

埼玉県さいたま市南区

京浜東北線と武蔵野線の乗換駅である南浦和(みなみうらわ)駅。この駅は京浜東北線と武蔵野線が十字に交わっています。

1F(地上)に京浜東北線ホーム(2面4線)、2Fに改札口、3Fに武蔵野線(2面2線)という構造になっています。

乗り場は以下のとおりです。

乗り場路線方面備考
1番線京浜東北線赤羽・上野・東京・横浜方面
2番線京浜東北線赤羽・上野・東京・横浜方面当駅始発のみ
3番線京浜東北線浦和・大宮方面主に早朝の当駅始発が使用
4番線京浜東北線浦和・大宮方面
5番線武蔵野線武蔵浦和・北朝霞・府中本町方面
6番線武蔵野線南越谷・西船橋・南船橋・東京方面一部は京葉線直通


京浜東北線はこの駅で日中は約半数の電車が東京方面に折り返していきます。

また京浜東北線、武蔵野線とも東京駅へ乗換無しで行くことができますが、京浜東北線のほうが圧倒的に所要時間が短いです(参考までに南浦和から東京までの所要時間は京浜東北線では40分くらい、武蔵野線では1時間20分くらい)。

以前に比べるとマシにはなりましたが、通路があまり広くなかったり、若干迷路じみていたりと乗り換えは容易ではありません。また京浜東北線に比べて武蔵野線は本数が若干少ないので接続が悪いと武蔵野線ホームが混みあってしまいます。

一日あたりの乗車人員は51,308人(2022年度)で埼玉県内のJR東日本では第8位となっています。ただし京浜東北線と武蔵野線の乗り換え客はカウントされないため、実際の利用者はもっと多いと思われます。

トイレについて

小便器
(台)
和式
(台)
洋式
(台)
ベッド系ベビーチェアオストメイト温水洗浄便座
男性用95×
洋式1室
××
多機能1
ベビーシート

汚物流し、温水対応
×

改札内のトイレは1か所の設置です。

改札を入って右側の通路の途中に男女トイレが、改札を入って右側奥に多機能トイレがあります。多機能トイレのほうが改札口からの距離は短いです。

以前は京浜東北線ホームにも2か所(東京方面、大宮方面それぞれのホーム)にもトイレがありましたが、数年前に廃止されました(その代わり現在も残っているトイレが拡張されましたが)。

ここはいつも混んでる印象があります。できることなら他の駅をあたってみることをお勧めします。

男性用トイレ

手洗場はTOTOのL120Dが3台の設置です。

小便器です。構造が構造なので一台だけ見切れてしまいましたが、TOTOのUS800CEが9台あります。

もともと狭かった高架下のトイレを最大限拡張したためか梁が出っ張ってしまっています。

大便器個室は洋式5室の設置です。

便器はどの個室もTOTOのC473Pです。最近できたトイレにしては珍しく一部の個室内には照明設備がありません。だからなのか薄暗い個室があったりします。

一番奥の1室にはベビーチェア(Combi製)があります。

多機能トイレ

周辺の駅の中では比較的遅い2016年頃に(というかこの辺の駅で一番遅かった)設置されました。

便器はTOTOのC473Pです。

便器付近のは小型手洗器(TOTO L570A)があります。

手洗場はTOTOのL270Dです。

多機能トイレ内にはオストメイト設備としてTOTOの「オストメイト対応トイレパック」と

ベビーチェア、おむつ交換台があります。

コメント

最近できたトイレにしては狭苦しいし、トイレ内が薄暗い気がします。この駅のトイレは結構混みあいます。個室がすべて使用中なんてしょっちゅうあります。緊急時でもできれば違う駅に行ったほうが良いかと思います。

ちなみに改札階の改修前のトイレは
手洗場 TOTO L120D(だったと思う)×2台くらい
小便器 US800CE×4~5台
大便器(洋式) C480N×2室
でした。2013年頃の竣工でしたが、すぐに現トイレに改修されてしまいました。

2013年以前は東府中の住人さんが2005年12月22日に公開されている記事(http://blog.livedoor.jp/localforfuchu/archives/50334856.html#more)とほとんど同じでした(ただし個室は後に1室だけ洋式化されてC480Nになってた)

ついでに京浜東北線ホームのトイレも東府中の住人さんが調査されているときとほとんど変わりはありませんでしたが、廃止直前の段階で和式便器はTOTOのC755Uに交換されていました。また1、2番線ホームのトイレも使用器具は大体同じでしたが、大便器はINAXのC-852BMで洗浄はリードフラッシュバルブ式でした。

隣の駅

  • 武蔵野線

(府中本町方面) 武蔵浦和 ← 南浦和 → 東浦和 (西船橋方面)

コメント

タイトルとURLをコピーしました