【珍品】三笠公園 トイレ - 御手洗い倶楽部

【珍品】三笠公園 トイレ

公園トイレ
スポンサーリンク

概要

神奈川県横須賀市

横須賀新港に面した都市公園(歴史公園)である三笠公園(みかさこうえん)。

横須賀市を代表する公園の1つでもあります。

横須賀市立の公園ですが、指定管理者制度が導入されていて横須賀三笠・西武パートナーズが管理、運営をしています。

公園面積は約36,940㎡です。

「日本の都市公園100選」と「日本の歴史公園100選」に選ばれており、テーマは「水と光と音」になっています。

園内には音楽噴水があり、1日6回~7回ほど音楽に合わせた噴水ショーが行われ、夜にはライトアップもされるという特徴があります。

そのほかに芝生広場や東郷平八郎連合艦隊司令長官の銅像などがあります。

また公園の岸壁には戦艦「三笠」が記念艦として保存されており、同時に一般公開も行われています。

トイレについて

トイレは園内に3か所あります。

また記念艦「三笠」内にもトイレ(ただし入場料が必要)があります。

トイレ①

このトイレは入口広場の管理事務所を正面に見て右側にあります。

10~15年くらい前に整備されました。隣の管理事務所建物内にもトイレの設置がありますが、そちらは多機能トイレがないことと利用者の増加で整備されたのでしょうか。

小便器
(台)
和式
(台)
洋式
(台)
ベッド系ベビーチェアオストメイト温水洗浄便座
男女共用21××××
多機能1
ベビーシート

汚物流し、温水対応
×

男性用トイレ

手洗場はTOTOのL870Aが1台の設置です。

小便器はTOTOのUS810C(E)が2台の設置です。

大便器個室は洋式1室の設置です。

TOTOの「ピュアレストQR」CS60B(便器)+SH60BA VA(ロータンク)が設置されています。

多機能トイレ

TOTOのCS20AB(便器)+SH30BAを蓋固定仕様にして全面左側に洗浄レバーがあるロータンクが設置されています。

手洗場はTOTOのL210Dです。

多機能トイレ内にはオストメイト設備としてTOTOの「オストメイト対応トイレパック」が設置されています。

乳幼児設備としてベビーチェアと

ベビーシートがあります。

トイレ②

このトイレは管理事務所建物内にあります。

小便器
(台)
和式
(台)
洋式
(台)
ベッド系ベビーチェアオストメイト温水洗浄便座
男女共用21××××

男性用トイレ

手洗場はTOTOのL220DRが2台の設置です。

【珍品】小便器は木村技研製と思われるステンレス製の壁式が2台設置されています。

掃除道具置き場内にハイタンクが設置されています(TOTO S409B?)。

大便器個室は洋式2室の設置です。

TOTOの「ピュアレストQR」CS220B(便器)+SH220BAS(ロータンク)が設置されています。

ちなみに2014年5月時点では和式でステンレス製の便器が設置されていました(ハイタンク式だった)。

トイレ③

このトイレは音楽噴水池や芝生広場付近にあります。

小便器
(台)
和式
(台)
洋式
(台)
ベッド系ベビーチェアオストメイト温水洗浄便座
男女共用42××××
多機能1
ベビーシート
×××

男性用トイレ

手洗場はTOTOのL220DRが2台の設置です。

【珍品】小便器は木村技研製と思われるステンレス製の壁式が4台設置されています。

小便器洗浄用のハイタンクはTOTOのS408Bです。

大便器個室は洋式2室の設置です。

手前の個室はTOTOの「ピュアレストQR」CS220B(便器)+SH220BAS(ロータンク)が設置されています。

2014年5月時点ではステンレス製の和式便器が設置されていました(ハイタンク式)。

奥の個室はTOTOの「パブリックコンパクト便器・フラッシュタンク式」CS497BD(便器)+SP496BAY(タンク)が設置されています。

こちらも2014年5月時点ではステンレス製の和式便器が設置されていました(ハイタンク式)が、便器の機種から考察すると手前の個室よりも数年ほど後に洋式化されたようです。

多機能トイレ

便器はTOTOのC48Aです。

便器洗浄用のハイタンクはTOTOのS408Bです。

洗浄装置は左右の手すりについているレバーを操作します。

この手の洗浄方式はJR宇都宮駅改札外の多機能トイレにもありましたが、ほかには見たことがないです。

どうやらこのトイレは循環式のようです。都市部の公園なのに下水道につながっていないということでしょうか。

手洗場はTOTOのL103Dです。

多機能トイレ内にはベビーシートがあります。

記念艦「三笠」内トイレ

「三笠」は大日本帝国海軍の戦艦でした。日露戦争の日本海海戦で連合艦隊旗艦を務めています。

1899年1月に起工し、1900年11月に進水、1902年3月に竣工しました。その後、1923年9月に除籍され、しばらく放置されて荒廃していましたが、やがて復元工事が行われて現在に至ります。

トイレは船内に男女別のものが1か所ずつあります。

男性用トイレ

手洗場はTOTOのL221R(?)が2台の設置です。

小便器はTOTOのU308Cが1台とU370が4台の計5台設置されています。

大便器個室は洋式2室の設置です。

内1室はTOTOの「パブリックコンパクト便器・フラッシュバルブ式」CS494M(と思われる)が設置されています。

便座はTOTOウォシュレットP(TCF585R)です。

もう1室はTOTOのC21が設置されています。便座はTOTOウォシュレットP(TCF585R)です。

コメント

トイレ①を除いて古めかしい印象ですが、管理が行き届いていてきれいです。

どうしても屋外のトイレが嫌という方は記念艦「三笠」内の見学がてら船内のトイレを利用しましょう(入場料がかかりますが)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました